\ 最大11%ポイントアップ! /

【SoundcoreLifeP3長期使用レビュー】1万円以下で全部入りのワイヤレスイヤホン

当ブログのコンテンツには広告が含まれます。(景表法による表示)
Soundcore Life P3 レビュー 1万円以下 おすすめ ワイヤレスイヤホン

普段そこまで頻繁にワイヤレスイヤホンを使わないこともあって「AirPods Pro」やら「WF-1000XM4」の高性能なイヤホンを買うのは気が乗らなかったんですよね。

ただそうはいってもワイヤレスイヤホンが欲しくなる場面はあるわけで、「何かちょうど良い製品ないかな~」と探していた時に出会ったのが1万円以下で全部入りのイヤホン「Soundcore Life P3」でした。

2022年3月に購入し今日まで半年以上使ってきたため、今回は長期使用レビューをしていきたいと思います!

少しでも参考になれば嬉しいです!

SoundcoreLifeP3はどんな人におすすめ?
  • 1万円以下でワイヤレスイヤホンを探している人
  • ワイヤレスイヤホンを1つ持っておきたい人
目次

Soundcore Life P3は何がすごい?

「Soundcore Life P3」のスペックはこんな感じになっています。

Soundcore Life P3スペック
サイズ(縦×横×高さ)‎3.6×2.1×2(cm)
重さ5,2g(片耳のみ)
通信規格Bluetooth5.0
対応コーデックSBC,AAC
連続再生時間通常時 7時間(本体のみ)/ 35時間(ケース含む)
ANC使用時 6時間(本体のみ)/ 30時間(ケース含む)
防水規格IPX5(雨くらいなら○、浸水は×)
価格8,990円
その他ワイヤレス充電対応
ANC機能搭載
専用アプリ(Soundcore)対応

保証期間18ヶ月(会員登録で24ヶ月)
2022/10/11時点

ワイヤレス充電やANC機能など、ぱっと見だと他のイヤホンとの違いをあまり感じることが出来ませんが、

この製品の凄さはこれらの機能を全部搭載しつつ価格を1万円以下に抑えている点にあります

SoundcoreLifeP3はここがすごい
  • 快適な装着感
  • バランスの良い音質
  • 値段以上のANC性能
  • ケース込みで最大35時間使えるバッテリー性能
  • ワイヤレス充電にも対応
  • その上で価格が1万円以下

Soundcore Life P3の見た目、内容物

本体、ケースともに目立った特徴はありませんが、その分気になる部分もなく細部まで安定したビルドクオリティとなっています。

開閉方法は上位モデルである「Soundcore Liberty Air 2 Pro」のスライド式とは違い、パカッと開くタイプです。

  • ワイヤレスイヤホン本体
  • ケース
  • 取扱説明書
  • 替えのイヤーピース
  • USB TypeCケーブル

中には上記の付属品等が入っています。

Soundcore Life P3の良かった点

ここからは「Soundcore Life P3」を半年間使ってみて感じた、この製品の良かった点をまとめていきたいと思います!

SoundcoreLifeP3の良かった点
  • 値段以上のANC性能
  • ケース込みで最大35時間使えるバッテリー性能
  • ワイヤレス充電にも対応
  • 1万円以下と高コスパ

値段以上のANC性能

ANC機能を搭載したワイヤレスイヤホンとしては比較的安価なこの製品ですが、肝心のノイキャン性能はお値段以上となっています。

私の場合、道路に面した部屋に住んでいるため車の音が聴こえてくることが多いのですが、作業中に使用することで車の音や人の声が聞こえない静かな環境で作業に没頭することが出来ています。

一方で高い音などは割と普通に聞こえてきますが、これに関しては基本どのノイキャン搭載イヤホンも同じため特に気になりませんでした。

ケース込みで最大35時間使えるバッテリー性能

ワイヤレスイヤホンの使用機会が増えたことで、イヤホン本体のみの連続再生時間ってあんまり関係ないな~って思い始めました。

ってのも5,6時間連続でイヤホンつけっぱなしの状況って殆どないんですよね。

今まで使っていたイヤホンが連続で15時間利用可能だったためこの製品のバッテリー持ちが少し心配だったのですが、基本的に1,2時間使ったら一旦ケースに戻すため、現状まったく気にならず快適に使うことが出来ています!

ちなみにこの製品、10分間の充電で約2時間分の音楽再生が可能になるそうです。

ワイヤレス充電にも対応

無線充電に対応したワイヤレスイヤホンを購入したのが初めてだったのですが、これが想像以上に便利でした。

スマホは頻繁に手に取ってしまうため無線充電器への載せ忘れが発生するのですが、イヤホン用のケースを手にとることって殆どないんですよね。

35時間利用可能なバッテリーの持ちも相まって、現状いざ使おうとなった時のバッテリー切れにあったことはありません。

無線充電対応のワイヤレスイヤホンを持っている場合、無線充電器は購入しちゃっても良いんじゃないかな~と思います!

Soundcore Life P3の気になる点

上記のように機能性盛り盛りな「Soundcore Life P3」ですが、もちろん気になる点も存在するため紹介していこうと思います。

SoundcoreLifeP3の気になる点
  • 操作がやや難しい
  • 音質はそこそこ

操作がやや難しい

SoundcoreLifeP3で出来るタッチ操作の例
  • 再生、停止 ⇒ Rを2回タッチ
  • 音量を上げる ⇒Rを1回タッチ
  • 音量を下げる ⇒Lを1回タッチ
  • 曲スキップ ⇒ Lを2回タッチ
  • 通話に出る、切る ⇒ L or Rを1回タッチ

専用アプリを使うことで他にも設定可能です。

イヤホン本体のロゴ部分をタッチするだけで上記のような操作が可能ですが、判定がややシビアな印象で、特に2回タッチ系は中々思ったようにいきません。

また、イヤホンが外れそうになった時に耳に押し付けることがありますが、その際にタッチ判定になって曲が飛んだりすることがあるのも結構気になります。

音質はそこそこ

普段はそこそこ高いヘッドホンを使っているためその影響もあるかもしれませんが、音質は際立って良い印象はありません。

全体的にバランスよく鳴っていますがやや迫力にかける印象があるため、音楽鑑賞が趣味の人などのメインイヤホンとしては力不足かと思います。

一方で低音高音ともに主張が少ないおかげで、通話時の音声はかなり聞きやすかったです。

Soundcore Life P3はどんな人におすすめ?

SoundcoreLifeP3はどんな人におすすめ?
  • 1万円以下でワイヤレスイヤホンを探している人
  • ワイヤレスイヤホンを1つ持っておきたい人

「Soundcore Life P3」は全体的にバランスの良いイヤホンという事もあり、1万円以下でワイヤレスイヤホンを探している人全員におすすめできる優秀な製品だなと感じました。

また機能性も高い点や通話から動画視聴まで幅広い用途に使いやすい点からも、私のようにワイヤレスイヤホンを毎日使うわけではないけど1つは持っておきたい、という人にもおすすめとなっています。

  • 快適な装着感
  • バランスの良い音質
  • 値段以上のANC性能
  • ケース込みで最大35時間使えるバッテリー性能
  • ワイヤレス充電にも対応
  • その上で価格が1万円以下

この製品の特徴に惹かれた、この製品が気になったという方は是非検討してみてください!

以上、この記事では「Soundcore Life P3」のレビューを行ってきました。

少しでも参考になれば嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次