【iPadmini6の不満点】次のiPadminiに求めるポイントはこれ

当ブログのコンテンツには広告が含まれます。(景表法による表示)
iPadmini 不満点 気になる点 改善点 iPadmini7

購入後毎日のように愛用しているiPadmini6ですが、使えば使うほど「もう少し○○だったらな~」と感じることがあります。

今のままでも十分魅力的なデバイスであるiPadminiをより素晴らしいデバイスにするためにはどこを改善すれば良いのか、個人的な目線でまとめていきたいと思います。

iPadmini6の不満点となっているため、iPadmini6の購入を検討している人の参考になればうれしいです!

Apple(アップル)
¥72,800 (2022/10/02 17:05時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
目次

個人的にiPadmini6→7で改善してほしいポイント

iPadmini6→7で改善してほしいポイント
  • バッテリーの持ち
  • ワイヤレス充電への対応
  • Face ID or 画面内指紋認証
  • 容量128GBモデルの追加

バッテリーの持ち

正直一番改善してほしいポイントが「バッテリーの持ち」になります。

https://www.apple.com/jp/ipad-mini/specs/

Appleの公称値は上記の通りとなっていますが、体感としては気づいたら充電が30%になっており基本一日に一回は充電が必要な感じです。

そのためモバイルバッテリー無しでの外出は少し厳しく、iPadmini6を持ち歩く際には「iPadmini+モバイルバッテリー+じTypeCケーブル」が必要となります。

iPadminiの取り回しの良さを活かすためにも、あと2.3割程度バッテリーの持ちが改善されたら良いな~と感じました。

ワイヤレス充電への対応

2点目が「ワイヤレス充電への対応」(MagsafeでもQiでも)です。

前述した通りiPadmini6はバッテリーの持ちが悪いため、割と頻繁に充電が必要となります。

その際ケーブルをさして充電することになるのですが、10インチ超えのiPadに比べて手に持って動かすことの多いiPadminiではケーブルを付けながらの取り回しがやや悪いです。

そのためiPadminiのサイズ感であれば、個人的にはワイヤレス充電機能が欲しかったなと感じています。

Face ID or 画面内指紋認証

3点目が「Face ID or 画面内指紋認証」です。

めちゃめちゃ意見が分かれる点だと思うのですが、個人的にiPadmini6のTouch IDは使いづらいなと感じています。

スマホの場合片手で持ち上げてそのままロック解除が可能ですが、iPadmini6の場合持ち上げたあとにもう片方の手を使ってロック解除が必要になります。

そのためFace IDもしくは画面内指紋認証であれば、より快適に利用できたのではないかなと思います。

容量128GBモデルの追加

最後に「容量128GBモデルの追加」です。

単純に「64GBモデルはちょっと足りない」「256GBモデルはちょっと高い」んですよね。

iPadmini6WiFiモデル
64GB
WiFiモデル
256GB
Cellularモデル
64GB
Cellularモデル 256GB
改定前の価格59800円77800円77800円95800円
改定後の価格72800円94800円94800円116800円

Appleのことなので128GBモデルを追加したら64GBモデルがなくなる気もするんですけど、容量と価格のバランスを考えると128GBモデルのiPadminiがあると良かったな~と感じます。

その他にiPadmini6→7で改善してほしいポイント

次に個人的には気になりませんが、レビューを見る感じ気になっている人がいるっぽい改善ポイントもまとめていきたいと思います!

iPadmini6→7で改善してほしいっぽいポイント
  • 防水機能
  • ゼリースクロールの改善
  • 120Hzへの対応
  • Magic Keyboard

防水機能

1点目が「防水機能」です。

私はiPadminiだけでなくiPhoneもお風呂には持っていかないため分からないのですが、iPadmini6は持ち運びしやすいデバイスということもあってお風呂でYouTube視聴などに使いたい人が多いようです。

ゼリースクロールの改善

こちらも私は特に気にならないポイントなのですが「ゼリースクロールの改善」という意見が多かったです。

実際ゼリースクロールのせいで人におすすめしにくいデバイスでもあるため、改善されるに越したことはありませんね。

120Hzへの対応

iPadminiユーザーの中でもゲームをプレイすることの多い人からは「120Hzへの対応」(Promotionテクノロジー搭載)を望む声が多かったです。

Promotionテクノロジーは可変フレームレートとなったいることもありバッテリーへの影響も少なそうなため、120Hzの対応でより快適な操作が可能になるかもしれませんね。

Magic KeyboardやSmart Keyboard

最後が「Magic KeyboardやSmart Keyboard」の実装です。

正直iPadmini6のサイズ感のキーボードとなると結構使いづらそうなイメージではありますが、それでも外部キーボードに比べるとApple純正品が良いですよね。

というわけで、この記事では「iPadmini6の不満点と次のiPadminiに求めるポイント」をまとめてきました!

少しでも参考になれば嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次