【コスパ重視】ブルプロにおすすめなゲーミングPCと推奨スペックを紹介します!【ブループロトコル/Blue Protocol】

当ブログのコンテンツには広告が含まれます。(景表法による表示)
ブループロトコル おすすめ ゲーミングPC 推奨スペック 動作環境
  • URLをコピーしました!
  • ブループロトコルの動作が重くて困っている
  • ブループロトコルを快適に遊べるゲーミングPCがほしい

こういった考えの人も多いのではないでしょうか!

新作国産オンラインゲームとして盛り上がっている「ブループロトコル」ですが、推奨スペックが意外と高いためPC選びは少し慎重に行う必要があります。

この記事では、ブループロトコル公式ホームページに書かれている推奨スペックの情報を元に『ブループロトコルの推奨スペックと最適なゲーミングPC』を紹介していきたいと思います!

少しでも参考になれば嬉しいです!

最新のおすすめゲーミングPC TOP3!

スクロールできます
15万円以下20万円以下25万円以下
製品名
マウスコンピューター
NEXTGEAR
JG-A7G60

Lenovo
Legion Tower 5
Gen 8

フロンティア
FRGKB760
/WSA/NTK
CPURyzen7 5700XRyzen7 7700XCore i7 14700F
メモリ16GB
(DDR4 3200)
16GB
(DDR5 5600)
32GB
(DDR4 3200)
GPURTX4060RTX4070RTX4070Super
ストレージSSD 1TBSSD 1TBSSD 1TB
価格149,800円199,870円244,800円
公式サイト公式サイト公式サイト
スクロールできます
15万円以下20万円以下25万円以下
製品名
マウスコンピューター
NEXTGEAR
JG-A7G60

Lenovo
Legion Tower 5
Gen 8

フロンティア
FRGKB760
/WSA/NTK
CPURyzen7 5700XRyzen7 7700XCore i7 14700F
メモリ16GB
(DDR4 3200)
16GB
(DDR5 5600)
32GB
(DDR4 3200)
GPURTX4060RTX4070RTX4070Super
SSD1TB1TB1TB
価格149,800円199,870円244,800円
公式サイト公式サイト公式サイト
目次

ブループロトコルの推奨スペックは?

それではブループロトコルの推奨スペックからまとめていきたいと思います!

スクロールできます
低画質設定高画質設定最高画質設定
CPUCore i3 4340
AMD FX-6300
Core i7 7700
Ryzen7 2700
Core i7 11700
Ryzen7 5800X
メモリ8GB16GB16GB
GPUGeforce GTX660 2GB
Radeon R7 370 2GB
Geforce GTX1060 6GB
Radeon RX580 8GB
Geforce RTX2070S 8GB
Radeon RX5700XT 8GB
ストレージHDD 40GBSSD 40GBSSD40GB

ブループロトコル公式ホームページの情報によると、ブループロトコルを遊ぶために必要なスペックはこのような感じになっています。

もちろんこの画像からでも必要な情報を読み取ることは可能ですが、この画像に記載されているCPU、GPUは少し前の世代のものとなっているため、現在これらのパーツが搭載されたPCは販売されておりません。

「ブルプロに備えてPCを購入したいけど、パーツの名前が違ってどれを買えば良いか分からないといったことが起こらないよう、上記のCPUやGPUを現行のパーツで表していきたいと思います!

ブループロトコル推奨スペックを現行のCPU、GPUで表すと

現行のパーツで紹介した方がPC購入を検討している人に分かりやすいため、

それぞれのベンチマークスコアを調べ、同程度のスコアの現行CPU、GPUに置き換えていきたいと思います!

  • CPU ⇒ 13世代のIntel CPU
  • GPU ⇒ RTX30XX/RTX40XX

ベンチマークスコア ⇒ 動作速度や性能を数値化して表したもの

CPUのベンチマークスコア

  • 『低画質設定』                                                                     Core i3 4340 ⇒ 約3500
    AMD FX-6300 ⇒ 4100                                                            ⇒ 現行のCPUであればどれでも問題なし
  • 『高画質設定』                                                    Core i7 7700 ⇒ 8657
    Ryzen7 2700 ⇒ 15725                                              ⇒第13世代IntelCPUならどれでも問題なし                               
  • 『最高画質設定』                                                 Core i7 11700 ⇒ 21110
    Ryzen7 5800X ⇒ 28379                                                        ⇒ 第13世代以降かつCore i5以上のIntelCPU                           

参照 : CPU性能比較表

GPUのベンチマークスコア

  • 『低画質設定』                                                  Geforce GTX660 2GB ⇒ 1315
    Radeon R7 370 2GB ⇒ 1525                                          ⇒現行のGPUであればどれでも問題なし
  • 『高画質設定』                                             Geforce GTX1060 6GB ⇒ 4210                                  Radeon RX580 8GB ⇒ 5355                                           ⇒ GTX1660SuperやRTX3050など
  • 『最高画質設定』                                                Geforce RTX2070Super 8GB ⇒ 10204                               Radeon RX5700XT 8GB ⇒ 9335                                       ⇒ RTX3060Ti/RTX4060Ti以上のGPU

参照 : GPU性能比較表

ブループロトコルのそれぞれの画質設定に推奨されているスペックを現行パーツで表すと上記のようになりました!

これを表にまとめると下記のようになります。

低画質設定高画質設定最高画質設定
CPU現行のCPUであれば
どれでも
第13世代CPU
ならどれでも
第13世代
Core i5以上
メモリ8GB16GB16GB
GPU現行のGPUであれば
どれでも可
GTX1660Super/RTX3050
以上のGPU
RTX3060Ti/RTX4060Ti
以上のGPU
ストレージHDD 40GBSSD 40GBSSD40GB

ここからはブループロトコルにおすすめのゲーミングPCを紹介していきますが、

  • 今後のアップデートで要求スペックが高くなる可能性
  • どうせプレイするのであれば高画質設定以上でプレイしたほうが快適

といった理由から、この記事では「高画質設定」と「最高画質設定」におすすめなPCを紹介していきたいと思います!

ブループロトコル高画質設定におすすめなゲーミングPC

それではブループロトコルを高画質設定で快適に遊ぶことができるPCから紹介していきたいと思います!

高画質設定の
推奨スペック目安
CPU第13世代のCPUならどれでも
例. Core i3 13100
Core i5 13400
メモリ16GB
GPUGTX1660SuperやRTX3050
以上のGPU
()内はベンチマークスコア

「ブループロトコルを高画質で遊ぶ際の推奨スペック」は上記のようになっています。

この推奨スペックを満たしているゲーミングPCの価格目安は15万円のため、BTOメーカー5社の中でも15万円以下で購入可能な製品を比較していきたいと思います!

スクロールできます
製品名価格と評価         スペック

ドスパラ
RM5R-R46T
価格 : 144,980円
評価 :
CPU : Ryzen5 4500
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4060Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 650W (80PLUS BRONZE)

TSUKUMO
GA5A-D230/B
価格 : 143,800円
評価 :
CPU : Ryzen5 5600X
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RX7600
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 750W(80PLUS GOLD)

パソコン工房
LEVEL-M7P5-R57X-SAX
価格 : 145,800円
評価 :
CPU : Ryzen7 5700X
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX3060Ti
ストレージ : SSD 500GB
電源 : 700W(80PLUS BRONZE)

FRONTIER
FRGTB660/A
価格 : 149,800円
評価 :
CPU : Core i5 12400F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX3050
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 850W (80PLUS GOLD)

パソコンSHOPアーク
GC-A7R64S
価格 : 134,800円
評価 :
CPU : Ryzen7 5700X
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RX6400
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 500W (80PLUS BRONZE)
各製品の比較

BTOメーカー5社の製品を比較した表は上記になります。

これらの中では「CPUとGPUのバランスが良い」といった理由から、『LEVEL-M7P5-R57X-SAX』がおすすめです!

『LEVEL-M7P5-R57X-SAX』

個人的評価 :

スペック
CPURyzen7 5700X
メモリ16GB
GPURTX3060Ti
ストレージSSD 500GB
電源ユニット700W
価格145,800円
「LEVEL-M7P5-R57X-SAX」がおすすめな理由
  • 「Ryzen7 5700X」と「RTX3060Ti」を搭載したゲーミングPC
  • GPUだけならドスパラの「RM5R-R46T」の方が上ですが、CPUとの性能のバランスを考えるとこちらの方がおすすめしやすいです。
  • 最新ゲームであっても特に設定を気にすること無く遊べる性能で、価格も15万円以下と手を出しやすい価格帯のため、日頃からよくゲームを遊んでいる人に最適な製品です!

ブループロトコル最高画質設定におすすめなゲーミングPC

次にブループロトコルを最高画質設定で快適に遊ぶことができるPCを紹介していきたいと思います!

最高画質設定の
推奨スペック目安
CPU第13世代Core i5以上のCPU
例. Core i5 13400
 Core i7 13700
メモリ16GB
GPURTX 3060 Tiや
RTX4060Ti以上のGPU
()内はベンチマークスコア

「ブループロトコルを最高画質で遊ぶ際の推奨スペック」は上記のようになっています。

今回は予算20万円を目安に、

  • ドスパラ
  • TSUKUMO
  • パソコン工房
  • FRONTIER
  • STORM
  • パソコンSHOPアーク

これらBTOメーカー6社の製品を比較していきたいと思います!

スクロールできます
製品名価格と評価         スペック

ドスパラ
RM5C-R46T
価格 : 169,980円
評価 :
CPU : Core i5 13400F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4060Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 650W (80PLUS BRONZE)

TSUKUMO
GA5J-C230/B3
価格 : 174,800円
評価 :
CPU : Core i5 13400F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4060Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 750W(80PLUS GOLD)

パソコン工房
LEVEL-M77M-134F-TLX
価格 : 194,800円
評価 :
CPU : Core i5 13400F
メモリ : 16GB(DDR5 4800)
GPU : RTX4070
ストレージ : SSD 500GB
電源 : 700W(80PLUS BRONZE)

FRONTIER
FRGTB660/B
価格 : 194,800円
評価 :
CPU : Core i7 12700F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4060Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 850W (80PLUS GOLD)

STORM
PG-PSK1360Ti
【即納モデル】
価格 : 179,800円
評価 :
CPU : Core i5 13400
メモリ : 32GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4060Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 750W(80PLUS GOLD)

パソコンSHOPアーク
GC-I5G47M
価格 : 199,800円
評価 :
CPU : Core i5 13400F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4070
ストレージ : SSD 500GB
電源 : 750W (80PLUS BRONZE)
各製品の比較

BTOメーカー6社の製品を比較した表は上記になります。

これらの中では20万円以下でRTX4070を搭載している『LEVEL-M77M-134F-TLX』が最もおすすめです!

『LEVEL-M77M-134F-TLX』

個人的評価 :

スペック
CPUCorei5 13400F
メモリ16GB
GPURTX4070
ストレージSSD 500GB
電源ユニット700W
価格194,800円
LEVEL-M77M-134F-TLX」がおすすめな理由
  • 最新パーツであるCore i5 13400とRTX4070を搭載したゲーミングPC
  • 20万円以下でRTX4070を搭載している製品は非常に珍しく、WQHDや4Kといった高画質環境でも快適にゲームを遊ぶことが出来ます。
  • 設定次第でフルHD240FPSやWQHD144FPSを狙うことも出来るため、FPSプレイヤーにもおすすめです。
  • 20万円以下でトップと言ってもよい性能の製品となっているため、20万円以下でゲーミングPCにを探している人に最適な一台です!

予算に余裕がある人におすすめのゲーミングPC

今までに紹介した製品は「フルHD環境/60FPS」を目安とした製品でしたが、

更にスペックの高い製品を購入すればWQHDや4K解像度、更に高クオリティな設定でブループロトコルをプレイすることが出来ます。

そこで少し値段は上がってしまいますが、もう少し値段の上がった20万円~25万円ほどの価格帯でのおすすめゲーミングPCも紹介していきたいと思います!

スクロールできます
製品名価格と評価         スペック

ドスパラ
XA7C-R47
価格 : 239,980円
評価 :
CPU : Core i7 13700F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4070
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 650W (80PLUS BRONZE)

TSUKUMO
GA7J-D230/B
価格 : 229,800円
評価 :
CPU : Core i7 13700F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4070
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 750W(80PLUS GOLD)

パソコン工房
LEVEL-M77M-137F-TLX-FB
価格 : 227,800円
評価 :
CPU : Core i7 13700
メモリ : 16GB(DDR5 4800)
GPU : RTX4070
ストレージ : SSD 500GB
電源 : 700W(80PLUS BRONZE)

FRONTIER
FRGTB660/C
価格 : 239,800円
評価 :
CPU : Core i7 13700F
メモリ : 32GB(DDR4 3200)
GPU : RTX3070Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 850W (80PLUS GOLD)

STORM
PG-PSKB47
【即納モデル】
価格 : 245,000円
評価 :
CPU : Core i7 13700F
メモリ : 32GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4070
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 850W(80PLUS GOLD)

パソコンSHOPアーク
GC-I7G47M
価格 : 229,800円
評価 :
CPU : Core i7 13700F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4070
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 750W (80PLUS BRONZE)
各製品の比較

予算20~25万円を目安に選んだBTOPCが上記になります。

いずれもゲームを快適に遊べるハイスペックPCですが、全体的な水準が高い『GA7J-D230/B』が最もおすすめです!

『GA7J-D230/B』

個人的評価 :

スペック
CPUCorei7 13700F
メモリ16GB
GPURTX4070
ストレージSSD 1TB
電源ユニット750W
価格229,800円
GA7J-D230/B」がおすすめな理由
  • 最新パーツであるCore i7 13700とRTX4070を搭載したゲーミングPC
  • 他社製品以上のコスパを誇っている上に、SSDが500GBであったり電源の品質が低かったりというマイナスポイントがない高水準な製品です。
  • WQHDや4Kといった高画質環境であっても性能不足を感じることはなく、どんなゲームであっても快適に遊ぶことが出来ます。
  • 20万円台前半でゲーミングPCを探している人に最適な製品です!

まとめ

この記事ではブループロトコルの推奨スペックと最適なゲーミングPCを紹介してきました!

ブループロトコルの推奨スペックはこのようになっています。

低画質設定高画質設定最高画質設定
CPU現行のCPUであれば
どれでも
第13世代CPU
ならどれでも
第13世代
Core i5以上
メモリ8GB16GB16GB
GPU現行のGPUであれば
どれでも可
GTX1660Super/RTX3050
以上のGPU
RTX3060Ti/RTX4060Ti
以上のGPU
ストレージHDD 40GBSSD 40GBSSD40GB
おすすめのゲーミングPC

以上、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです!

ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次