\ 最大10%ポイントアップ! /

ゲーミングPC購入後に後悔しないPCスペックの目安はどのくらい?【CPU/GPU】

当サイトのコンテンツには一部広告が含まれます。
ゲーミングPC PCスペック ゲーム性能 目安 自作PC BTOPC おすすめ 後悔しない
  • URLをコピーしました!

ゲーミングPCは10万円以上の高額な製品ばかりのため、買った後に後悔はしたくないですよね!

そこでこの記事では、

  • PCパーツごとのスペック目安(選び方)
  • 遊びたいゲームごとのスペック目安

をまとめることで『ゲーミングPC購入時の目安となるPCスペック』を分かりやすく紹介していきたいと思います!

スペックごとにおすすめの製品も紹介していきますので、皆さんのゲーミングPC選びの参考になれば嬉しいです!

目次

PCパーツごとのスペック目安

まずはPCパーツごとに、目安となるスペックや基準をまとめていきたいと思います!

ゲーミングPCのCPUスペックの目安は?

まずはCPUから。

CPUはIntel製AMD製ともに下から「3/5/7/9」のグレードに分かれており、それぞれの性能目安は下記のようになっています。

CPUグレード性能の目安
Core i3/Ryzen3(最新世代であれば)ゲーム用途に必要十分な性能
Core i5/Ryzen5より安定してゲームをプレイできる
万人向けのグレード
Core i7/Ryzen7更に安定してゲームをプレイできる
ゲーム配信等も行いたい人向け
Core i9/Ryzen9ハイエンドGPUと組み合わせる場合はこれ
一般的にはCore i7/Ryzen7で十分

最新世代のCPUはいずれも十分なスペックを持っているため、軽いゲームをするだけならCorei3やRyzen3といった廉価グレードのCPUで十分快適に遊ぶことができます。

また重量級のゲームであっても最新世代のCore i5、Ryzen5であれば十分な性能を持っているため、ゲーミング用途として考えるのであればCPUを中間グレードに抑えてGPUに予算を回すことをおすすめします!

利用用途おすすめのCPUグレード
軽いゲームしかしないどのグレードでも問題なし
重いゲームもするCore i5/Ryzen5でも十分
予算に応じて上位モデルを選択
重いゲームをしながら配信もしたいコストを抑えたい場合はCore i5/Ryzen5
安定性を求めるならCore i7/Ryzen7

重量級のゲームをしながら配信もしたい場合は、より上位グレードのCPUを選ぶようにしましょう!

CPUクーラーは空冷だと力不足?

最新世代CPUは発熱がすごく、空冷だと力不足感が否めなくなってきています。

しかし、一般的な利用用途(ゲームや動画視聴)であれば空冷クーラーでも十分使用可能です。

CPUクーラーのグレード利用用途CPUグレード目安
低価格空冷軽いゲームを遊ぶ、動画視聴等Core i3/Core i5
高価格空冷重いゲームを遊ぶ、ゲーム配信等Core i5/Core i7
簡易水冷重いゲームを遊ぶ、ゲーム配信等Core i5/Core i7
本格水冷頻繁にベンチマークソフトを回す、超重量級のゲームを遊ぶ等Core i7/Core i9

冷却性能は基本的に「本格水冷>簡易水冷>高価格空冷>低価格空冷」となっており、Core i9に空冷クーラーを組み合わせると性能不足ですし、Core i3と本格水冷を組み合わせるのは過剰性能です。

CPUのグレードに合わせて選択するようにしましょう!

ゲームしかせずコストを抑えたい人であれば「AK400」等の低価格CPUクーラー、もう少し高い製品でも大丈夫な人は「AK620やNH-U12A」等の高価格空冷クーラーがおすすめです!

メモリは何GB必要?

次にメモリです。

メモリ容量ごとの快適具合をまとめたものが下記になります。

メモリ容量快適具合
8GBゲームだけでもカツカツ
ゲームによってはプレイすら厳しい可能性もある
16GB動画を見ながらや通話をしながら
ゲームをするなら最低16GB
(ゲーミングPCを買うならここが基準)
32GBゲームをしながら配信をするなら32GBが目安
64GB重量級ゲームをしながら配信や、
ゲーム配信をしながら通話をするなら64GB

一昔前のゲーミングPCの推奨メモリ容量は8GBでしたが、2023年現在のPCゲーム要求スペックを考えると8GBでは足りません。

2023年時点で最も無難なのが16GBで、配信や動画視聴をしながらゲームをしたい人は32GBの製品を買うと安心です。

GPUはどれがおすすめ?

次にGPUです。

GPUにはフルHD環境でも設定を下げないといけないものから、4Kかつ最高設定で最新ゲームを遊べるような製品まで幅広いものがあります。

各GPUでゲームをプレイした際の性能目安は下記のようになっています。

スクロールできます
GPUグレードゲームプレイの目安(60FPS)ゲームプレイの目安(144FPS)
GTX1650
GTX1660 等
フルHD : ◯
WQHD : ✕
4K : ✕
フルHD : ✕
WQHD : ✕
4K : ✕
GTX1660S
RTX3050 等
フルHD : ◎
WQHD : △
4K : △
フルHD : ◯
WQHD : △
4K : ✕
RTX3060
RTX3060Ti
RTX4060 等
フルHD : ◎
WQHD : ◎
4K : ◯
フルHD : ◎
WQHD : ◯
4K : △
RTX3070
RTX3070Ti
RTX3080 等
フルHD : ◎
WQHD : ◎
4K : ◎
フルHD : ◎
WQHD : ◯
4K : ◯
RTX4070
RTX4070Ti
RTX3090 等
フルHD : ◎
WQHD : ◎
4K : ◎
フルHD : ◎
WQHD : ◎
4K : ◯
RTX4080
RTX4090 等
フルHD : ◎
WQHD : ◎
4K : ◎
フルHD : ◎
WQHD : ◎
4K : ◎

MMOやサンドボックスゲーム等をプレイする予定の人は左の列を、FPSゲーム等をプレイする予定の人は右の列を参考にすると、自身に適したPCスペックがわかります。

GPUグレードゲームプレイの目安
GTX1650
GTX1660
RTX3050等
設定を落とせばある程度のゲームを遊べる
RTX3060Ti
RTX3070
RTX4060Ti等
フルHDで快適にゲームを遊べる
(ゲーミングPCを買うならここが基準)
RTX3080
RTX3080Ti
RTX4070等
WQHDで快適にゲームを遊べる
RTX3090
RTX3090Ti
RTX4070Ti等
4Kで快適にゲームを遊べる
RTX4080
RTX4090
4Kで更に快適にゲームを遊べる

文章のほうがわかりやすいという人には上の表を参考にしてみてください。

どういった環境、解像度でゲームをプレイしたいのかを決め、自身に適したGPUを選択するようにしましょう!

ストレージはSSDとHDDどっちが良い?容量は?

2023年にゲーミングPCを買うのであればメインストレージはSSD一択です。

価格を抑えたいからといってSSDの代わりにHDDをメインストレージにしてしまうと実用性(起動速度等)が大きく損なわれてしまうため、HDDはあくまでデータ保管用として考えるようにしましょう。

次に容量ですが、目安は1TBです。(500GBは流石に少ない)

BTOPCにはデフォルトのストレージが「SSD 500GB」の製品が多いため、自身でSSDを追加できる方は後々増設を、自身でできるか不安な方は購入前にSSDを1TBへ構成変更するようにしましょう!

電源容量の目安は?

次に電源ユニットですが、これは構成によって異なります。

電源容量(目安)PCスペック
500WCore i3 13100 + GTX1650等
650WCore i5 13400 + RTX3060Ti等
750WCore i5 13600K + RTX4070等
850WCore i7 13700K + RTX4080等
1000WCore i9 13900K + RTX4090等

大まかな目安はこのような感じです。

よく「目安は消費電力の2倍」と言われますが、実際はもう少し少なくても問題はありません。

ドスパラの電源容量計算機を活用して消費電力を計算し、出た値の1.5倍を目安に電源ユニットを選択すれば十分です。

やりたいゲームごとのPCスペック目安

それではプレイするゲームごとに、PCスペックの目安をまとめていきたいと思います!

軽めのゲームを遊びたい場合

軽めのゲームをプレイしたい場合には10万円~15万円ほどのロースペックのゲーミングPCで十分です。

ブラウザゲーム等ではなく、安価なゲーミングPCでも遊べるPCゲームを指しています。

軽めのゲームの例
  • Minecraft
  • VALORANT

プレイするタイトルにもよりますがMinecraft(Mod無しバニラ)やVALORANTといったゲームであれば、安価なゲーミングPCに搭載されがちなGTX1650や数年前に販売された型落ちのゲーミングPC等でも十分快適に遊ぶことができます。

こういったゲームだけを遊びたい場合には、20万円~30万円ほどする高価なゲーミングPCは必要ありません。

⇒おすすめのロースペックPCを見に行く

少し重めのゲームを遊びたい場合

少し重めのゲームをプレイしたい場合には、15万円~20万円のミドルスペックゲーミングPCがおすすめです。

少し重めのゲームの例
  • 原神
  • ELDEN RING
  • ApexLegends

これらのゲームはロースペックPCでも遊ぶことは可能ですが、設定をかなり低くしないとリフレッシュレートが低くなりゲームプレイに支障が出てしまう可能性が高いです。

ミドルスペックのゲーミングPCであれば設定を特に気にせずにプレイできるため、こういった要求スペックのゲームを遊びたい場合には15万円~20万円ほど予算を用意することをおすすめします!

⇒おすすめのミドルスペックPCを見に行く

重量級のゲームを遊びたい場合

要求スペックの高い重量級ゲームをプレイしたい場合には20~25万円、またはそれ以上のハイスペックゲーミングPCがおすすめです。

重量級のゲームの例
  • ARK: Survival Evolved
  • Cyberpunk 2077
  • Starfield

これらのゲームは安価なゲーミングPCではまともにプレイすることができないため、最低でもミドルスペック以上のPCが必須となります。

ミドルスペックPCとハイスペックPCの差は重量級ゲームを遊ぶ際に余裕があるか否かで、

  • 高リフレッシュレートで遊びたい
  • WQHDや4Kの高解像度で遊びたい
  • MODを導入して遊びたい

といった場合にはハイスペックPC並のゲーム性能が必要となります。

⇒おすすめのハイスペックPCを見に行く

最新ゲームに必要なPCスペックは?

最新ゲームを遊びたい場合には、上で説明したミドルスペック以上を目安にすればOKです。

最新ゲームの要求スペックは数年前のミドルスペックPCほど(RTX1070やRTX2060)のことが多いため、現行のミドルスペックPCを購入すれば余裕を持ってプレイすることができます。

一方で、たまにホグワーツレガシーやStarfieldのような現行のミドルスペックとトントンほどの要求スペックのゲームが発売されることもあるため、最新ゲームを不満なく遊びたいという人にはハイスペックPCを購入することをおすすめします!

スペック別のおすすめゲーミングPC

それでは、

  • PCパーツごとのスペック目安(選び方)
  • 遊びたいゲームごとのスペック目安

を基準に、スペックごとにおすすめのゲーミングPCを紹介していきたいと思います!

ロースペックゲーミングPCのおすすめ

まずはロースペックゲーミングPCからです。

15万円以下で購入可能な製品をまとめています。

スクロールできます
製品名価格と評価         スペック

ドスパラ
RM5R-R46T
価格 : 144,980円
評価 :
CPU : Ryzen5 4500
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4060Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 650W (80PLUS BRONZE)

TSUKUMO
GA5A-D230/B
価格 : 143,800円
評価 :
CPU : Ryzen5 5600X
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RX7600
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 750W(80PLUS GOLD)

パソコン工房
LEVEL-M7P5-R57X-SAX
価格 : 145,800円
評価 :
CPU : Ryzen7 5700X
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX3060Ti
ストレージ : SSD 500GB
電源 : 700W(80PLUS BRONZE)

FRONTIER
FRGTB660/A
価格 : 149,800円
評価 :
CPU : Core i5 12400F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX3050
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 850W (80PLUS GOLD)

パソコンSHOPアーク
GC-A7R64S
価格 : 134,800円
評価 :
CPU : Ryzen7 5700X
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RX6400
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 500W (80PLUS BRONZE)
各製品の比較

各BTOメーカーで購入可能な15万円以下の製品を比較した表がこちらです。

これらの中ではCPUとGPUのバランスが良い『LEVEL-M7P5-R57X-SAX』がおすすめです!

『LEVEL-M7P5-R57X-SAX』がおすすめ

『LEVEL-M7P5-R57X-SAX』

個人的評価 :

スペック
CPURyzen7 5700X
メモリ16GB
GPURTX3060Ti
ストレージSSD 500GB
電源ユニット700W
価格145,800円
「LEVEL-M7P5-R57X-SAX」がおすすめな理由
  • 「Ryzen7 5700X」と「RTX3060Ti」を搭載したゲーミングPC
  • GPUだけならドスパラの「RM5R-R46T」の方が上ですが、両製品のCPU性能を考えるとこちらの方がおすすめしやすいです。
  • 軽いゲームだけでなく最新ゲームであっても十分快適に遊べるゲーム性能のため、15万円以下と手を出しやすい価格と合わせて、非常におすすめ出来るゲーミングPCとなっています!

ミドルスペックゲーミングPCのおすすめ

次にはミドルスペックゲーミングPCです。

20万円以下で購入可能な製品をまとめています。

スクロールできます
製品名価格と評価         スペック

ドスパラ
RM5C-R46T
価格 : 169,980円
評価 :
CPU : Core i5 13400F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4060Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 650W (80PLUS BRONZE)

TSUKUMO
GA5J-C230/B3
価格 : 174,800円
評価 :
CPU : Core i5 13400F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4060Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 750W(80PLUS GOLD)

パソコン工房
LEVEL-M77M-134F-TLX
価格 : 194,800円
評価 :
CPU : Core i5 13400F
メモリ : 16GB(DDR5 4800)
GPU : RTX4070
ストレージ : SSD 500GB
電源 : 700W(80PLUS BRONZE)

FRONTIER
FRGTB660/B
価格 : 194,800円
評価 :
CPU : Core i7 12700F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4060Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 850W (80PLUS GOLD)

STORM
PG-PSK1360Ti
【即納モデル】
価格 : 179,800円
評価 :
CPU : Core i5 13400
メモリ : 32GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4060Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 750W(80PLUS GOLD)

パソコンSHOPアーク
GC-I5G47M
価格 : 199,800円
評価 :
CPU : Core i5 13400F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4070
ストレージ : SSD 500GB
電源 : 750W (80PLUS BRONZE)
各製品の比較

各BTOメーカーで購入可能な20万円以下の製品を比較した表がこちらです。

これらの中では20万円以下では珍しいRTX4070搭載の『LEVEL-M77M-134F-TLX』が最もおすすめです!

『LEVEL-M77M-134F-TLX』がおすすめ

『LEVEL-M77M-134F-TLX』

個人的評価 :

スペック
CPUCorei5 13400F
メモリ16GB
GPURTX4070
ストレージSSD 500GB
電源ユニット700W
価格194,800円
LEVEL-M77M-134F-TLX」がおすすめな理由
  • 最新パーツであるCore i5 13400とRTX4070を搭載したゲーミングPC
  • 20万円以下でRTX4070を搭載している製品は非常に珍しく、WQHDや4Kといった高画質環境でも快適にゲームを遊ぶことが出来ます。
  • 設定次第でフルHD240FPSやWQHD144FPSを狙うことも出来るため、FPSプレイヤーにもおすすめです。
  • 20万円以下でトップと言ってもよい性能の製品となっているため、20万円以下でゲーミングPCにを探している人に最適な一台です!

ハイスペックゲーミングPCのおすすめ

最後にハイスペックゲーミングPCです。

30万円以下で購入可能な製品をまとめています。

スクロールできます
製品名価格と評価         スペック

ドスパラ
XA7C-R47T
価格 : 274,980円
評価 :
CPU : Core i7 13700F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4070Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 750W (80PLUS GOLD)

TSUKUMO
GA7J-D230/B
価格 : 273,250円
評価 :
CPU : Core i7 13700F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4070Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 850W(80PLUS GOLD)

パソコン工房
LEVEL-M77M-137F-ULX
価格 : 252,700円
評価 :
CPU : Core i7 13700F
メモリ : 16GB(DDR5 4800)
GPU : RTX4070Ti
ストレージ : SSD 500GB
電源 : 700W(80PLUS BRONZE)

FRONTIER
FRGAG-B760/
4070TC/NTK
価格 : 289,800円
評価 :
CPU : Core i7 13700F
メモリ : 32GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4070Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 1200W (80PLUS PLATINUM)

STORM
PG-PSKTi47
【即納モデル】
価格 : 279,800円
評価 :
CPU : Core i7 13700
メモリ : 32GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4070Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 850W(80PLUS GOLD)

パソコンSHOPアーク
GC-I7G47M
価格 : 279,800円
評価 :
CPU : Core i7 13700F
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4070Ti
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 850W (80PLUS GOLD)
各製品の比較

各BTOメーカーで購入可能な30万円以下の製品を比較した表がこちらです。

全体的なバランスが良い『PG-PSKTi47』が最もおすすめです!

『PG-PSKTi47』がおすすめ

『STORM PG-PSKTi47』

個人的評価 :

スペック
CPUCorei7 13700
メモリ32GB
GPURTX4070Ti
ストレージSSD 1TB
電源ユニット850W
価格279,800円
STORM PG-PSKTi47」がおすすめな理由
  • Core i7 13700とRTX4070Tiを搭載したハイスペックゲーミングPC
  • 午前9:00までに注文すれば当日出荷となる「即納モデル」の製品
  • WQHDや4Kであっても快適にゲームを遊ぶことができる性能となっているため、今後数年単位でゲームを遊び続けたいと考えている人に最適な製品です!

\ 10月1日まで分割手数料無料

ゲーミングPCに関するよくある質問

最後にゲーミングPC選びで迷いがちなよくある質問と、質問への回答をまとめていきたいと思います!

CPUとGPUはどっちが重要?

「CPUとGPUのどちらを重視すれば良いか分からない」という人もいるかと思いますが、基本的にはGPUの方が重要です!

ゲームではグラフィック性能が重要となるため「Corei7×GTX1660Super」よりも「Corei5×RTX3060」の方がより快適にゲームをプレイすることが出来ます。

この記事で紹介しているゲーミングPCのCPUは全て十分な性能のため、どちらにするか迷った際にはGPUの性能が高い方を選ぶことをおすすめします!

ゲーミングPCは自作したほうが良い?

ゲーミングPCは自作したほうが安くすむといった印象の人が多いのではないでしょうか。

ですが実際には、

  • 最安パーツで組むと ⇒ やや自作PCの方が安い
  • パーツにこだわると ⇒ 明確にBTOPCの方が安い
  • 中古パーツを使うと ⇒ 明確に自作PCの方が安い

といった具合で、BTOPCに比べて自作PCに優位性があるかというとそこまでです。

そのため、費用を抑える目的での自作PCは個人的にはあまりおすすめはしません。

ゲーミングPCはいつが買い時?

ゲーミングPCの買い時は「欲しいと感じた時」です。

ゲーミングPCが安い時期や大きなセールが開催されがちな時期は、

  • 3~4月の新生活のタイミング
  • 6月~8月の夏のボーナスのタイミング
  • 12月~1月の年末年始のタイミング

の3つのタイミングですが、このタイミングに限らずBTOメーカーではほぼ毎月何かしらのセールが行われています。

それぞれの割引率に大きな差はなくあくまで数千円程度の価格差のため、この価格差であれば今行われているセールで購入し、少しでも早くゲームを遊び始めることをおすすめします!

まとめ

この記事では、

  • PCパーツごとのスペック目安(選び方)
  • 遊びたいゲームごとのスペック目安

をまとめることで『ゲーミングPC購入時の目安となるPCスペック』を紹介してきました!

ペック毎のおすすめのゲーミングPC
  • 軽めのゲームを遊びたい場合 ⇒ ロースペックPC(10万円~15万円)で十分
  • 少し重めのゲームが遊びたい場合 ⇒ ミドルスペックPC(15~20万円)がおすすめ
  • 重量級のゲームを遊びたい場合 ⇒ ミドルスペックPCでも十分だが、ハイスペックPCだと余裕を持って遊べる

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次