\ 最大ポイント12%アップ! /

【APEXも遊べる!】10万円以下で買えるおすすめゲーミングPCを4製品紹介!

当サイトのコンテンツには一部広告が含まれます。
10万円以下 ゲーミングPC APEX フォトナ Fortnite 原神 おすすめ製品 コスパ 比較 レビュー
  • URLをコピーしました!
  • 高額なゲーミングPCは購入できない
  • ゲームをするか分からないから、とりあえず安価な製品にしたい

といった理由から、10万円以下で購入可能なゲーミングPCを探している人も多いのではないでしょうか!

そこでこの記事では、各BTOメーカーで購入可能な10万円以下のゲーミングPCを3製品ピックアップして紹介していきますので、皆さんのゲーミングPC選びの参考になれば嬉しいです!

最新のおすすめゲーミングPC TOP3!

スクロールできます
1位2位3位
製品名
パソコンSHOPアーク
GC-I7G47M

TSUKUMO
GA5J-C230/B3

ドスパラ
XA7R-R47T
CPUCore i7 13700FCore i5 13400FRyzen7 5700X
メモリ16GB
(DDR4 3200)
16GB
(DDR4 3200)
16GB
(DDR4 3200)
GPURTX4070RTX4060RTX4070Ti
ストレージSSD 1TBSSD 1TBSSD 1TB
価格209,800円147,800円249,980円
⇒公式サイト⇒公式サイト⇒公式サイト
目次

10万円以下で購入できるゲーミングPC

それでは10万円以下で購入できるゲーミングPCを紹介していきたいと思います!

スクロールできます
製品名価格と評価         スペック

ドスパラ
RM5R-G60S
価格 : 99,980円
評価 :
CPU : Ryzen5 4500
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : GTX1660Super
ストレージ : SSD 1TB
電源 : 550W (80PLUS BRONZE)

TSUKUMO
GA5J-B221/B2
価格 : 99,000円
評価 :
CPU : Core i3 12100
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : GTX1650
ストレージ : SSD 500GB
電源 : 500W (80PLUS BRONZE)

マウスコンピューター
JG-A5G1D
価格 : 99,800円
評価 :
CPU : Ryzen5 4500
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : GTX1660Super
ストレージ : SSD 500GB
電源 : 500W (80PLUS BRONZE)

駿河屋
A2-Gamingバトル/RBM013
価格 : 99,800円
評価 :
CPU : Ryzen5 4500
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4060
ストレージ : SSD 500GB
電源 : 550W (80PLUS BRONZE)
各製品の比較

各BTOメーカーで購入できる『10万円以下のゲーミングPC』はこの4製品です!

  • Core i3 12100
  • Ryzen5 4500

この2つのCPUに大きな差はないため、どのゲーミングPCを選んでもCPU性能に問題はありません。

  • GTX1650
  • GTX1660Super
  • RTX4060

次にGPUですが、この3つのGPUにはそれぞれかなり大きな性能差があります。

「GTX1660Super」は「GTX1650」に比べて5割ほどゲーム性能が高く、「RTX4060」は「GTX1660Super」に比べて6割ほどゲーム性能が高いです。

仮にGTX1650で60FPS出るゲームを他のGPUでプレイすると、

  • GTX1650:60FPS
  • GTX1660Super:90FPS
  • RTX4060:144FPS

おおよそこれぐらいの差が出ます。

そのため、ゲーム性能を重視したい人には「RTX4060」を搭載した『A2-Gamingバトル/RBM013』がおすすめです!

『A2-Gamingバトル/RBM013』がおすすめ!

10万円以下でゲーミングPCを探している人におすすめな製品が『A2-Gamingバトル/RBM013』です!

『A2-Gamingバトル/RBM013』

個人的評価 :

  • OS:Windows11 Home
  • CPU:Ryzen5 4500
  • メモリ:16GB(DDR4 3200)
  • GPU:RTX4060
  • ストレージ:SSD 500GB
  • 電源:550W(80PLUS BRONZE)
  • 価格:99,800円

ゲーム性能の目安

  • ApexLegends(フルHD)で平均120FPS
  • 原神(フルHD)で平均160FPS
  • 原神(4K)で平均70FPS
この製品がおすすめな理由
  • 10万円以下でRTX4060を搭載したミドルスペックゲーミングPC
  • 電源の品質やSSD容量などいくつか弱点もありますが、価格を考えると特に気にしなくても良い範囲です。
  • RTX4060は15万円前後の製品にも搭載されているようなGPUで、最新ゲームや重量級のゲームも十分遊ぶことが出来るゲーム性能を持っています。
  • 10万円以内でゲーミングPCを探している人におすすめな一台です!

\ 10万円以下ならコレ!/

ゲーミングPC関連のよくある質問

最後にゲーミングPC関連のよくある質問への回答をまとめていきたいと思います。

10万円以下のPCでゲームは出来る?

やりたいゲームのジャンルやタイトルにもよりますが、10万円以下のゲーミングPCでも十分ゲームを遊ぶことはできます。

しかし10万円以下のゲーミングPCは、

  • CPUやGPUの性能が低い
  • SSD容量が少ない
  • 拡張性が低い(ストレージやメモリの増設が難しい)

といったことが多いため、今後もゲームを遊び続ける予定の人はより高額なゲーミングPCを購入することをおすすめします。

CPUとGPUはどっちが重要?

「CPUとGPUのどちらを重視すれば良いか分からない」という人もいるかと思いますが、ゲームをプレイするのであればGPUを重視するべきです。

ゲームではグラフィック性能が重要となるため「Core i7×GTX1660Super」よりも「Core i5×RTX4060」の方がより快適にゲームをプレイすることが出来ます。

複数の製品で迷った際にはGPU性能が高い方を選ぶことをおすすめします!

ゲーミングPCは自作したほうが良い?

ゲーミングPCは自作したほうが安くすむといった印象の人が多いのではないでしょうか。

ですが実際には、

  • 最安パーツで組むと ⇒ やや自作PCの方が安い
  • パーツにこだわると ⇒ 明確にBTOPCの方が安い
  • 中古パーツを使うと ⇒ 明確に自作PCの方が安い

といった具合で、BTOPCに比べて自作PCが明確に優れているわけではありません。

そのためPCに関してあまり詳しくない(中古パーツの見極めが出来ない)のであれば、BTOPCの方がおすすめです。

ゲーミングPCはいつが買い時?

ゲーミングPCの買い時は「欲しいと感じた時」です。

ゲーミングPCが安い時期や大きなセールが開催されがちな時期は、

  • 3~4月の新生活のタイミング
  • 6月~8月の夏のボーナスのタイミング
  • 12月~1月の年末年始のタイミング

の3つのタイミングですが、このタイミングに限らずBTOメーカーではほぼ毎月何かしらのセールが行われています。

それぞれの割引率に大きな差はなくあくまで数千円程度の価格差のため、この価格差であれば今行われているセールで購入し、少しでも早くゲームを遊び始めることをおすすめします!

まとめ

この記事では『10万円以下のゲーミングPC』を4製品紹介してきました!

スクロールできます
製品名価格と評価         スペック

駿河屋
A2-Gamingバトル/RBM013
価格 : 99,800円
評価 :
CPU : Ryzen5 4500
メモリ : 16GB(DDR4 3200)
GPU : RTX4060
ストレージ : SSD 500GB
電源 : 550W (80PLUS BRONZE)
おすすめの製品

10万円以下でゲーミングPCを探している人には『A2-Gamingバトル/RBM013』が最適です!

\ 10万円以下ならコレ!/

以上、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです!

ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次