【最新版】20万円以下で自作PCを組む際のおすすめ構成を紹介!【ゲーミングPC】

当サイトのコンテンツには広告が含まれています。
20万円以下 ゲーミングPC 自作PC おすすめ 構成 組み合わせ
  • URLをコピーしました!
  • BTOPCよりも安くゲーミングPCを組みたい
  • 価格を抑えて自作PCに挑戦してみたい

こういった人もいるのではないでしょうか!

この記事では自作PCに挑戦してみたいといった人向けに「20万円で自作PCを組む際のおすすめ構成」について解説していきたいと思います!

少しでも参考になれば嬉しいです!

20万円で自作PCを組む際のおすすめ構成
目次

自作PCとBTOPCはどちらが安い?

大前提として、自作PCはBTOPCに比べて本当に安いのかについて簡単にまとめておきたいと思います!

自作PCはBTOPCよりも安いのか
  • 新品の場合、基本的にそこまで値段は変わらない
  • 中古パーツ等、パーツを流用すれば自作PCの方が安い

新品の場合そこまで値段は変わらない

自作PCをすべて新品パーツで組む場合、BTOPCに比べて価格面での優位性はあまりありません。

むしろ30万円近いような高価格帯の製品の場合、大量生産が可能で規模の経済が働くBTOPCの方が安いといったことも珍しくありません。

自作PCとBTOPCそれぞれのメリット・デメリット、価格の比較は下記の記事にまとめています。

中古パーツを使えば自作PCの方が安い

一方で、自作PCの強みである中古パーツが利用できる点を活かすことができれば、BTOPCに比べてかなり価格を抑えることが可能になっています。

以前どういった用途で使用されていたのかを判断する必要がありますが、マイニング等で酷使されていたグラフィックボード等を避けることができれば、十分な品質のグラフィックボードを安価で購入することが出来ます。

20万円で自作PCを組む際のおすすめ構

20万円でゲーミングを組む際のおすすめ構成はこのようになっています!

パーツ名パーツの価格
OS
Windows 11 Home
15,200円
CPU
Core i5 13600KF
43,973円
(48,500円)
CPUクーラー
DEEPCOOL AK620
8,899円
メモリ
シリコンパワー
DDR4 16GB
4,290円
GPU
玄人志向 RTX4070
86,655円
ストレージ
KIOXIA EXCERIA G2
1TB
7,280円
マザーボード
ASUS PRIME
B760-PLUS D4
18,980円
電源ユニット
ASUS TUF-GAMING
650W
7,980円
ケース(お好みで好きなケースを)5,000円
合計金額198,257円
(202,784円)
2023/02/12時点

2023/8月時点でCore i5 13600KFが少し値上がりしていたのですが、元々の値段に下がれば20万円以下となります。

上記で表にまとめたものが、20万円以下でゲーミングPCを組む際のおすすめ構成です。

それぞれのパーツ選定理由

それぞれのパーツをなぜ選んだのかを簡単にまとめていきます。

CPU

CPUは「Core i5 13600KF」を採用しています。

12世代のCore i9に近い性能を持ちながらも、4万円台という比較的手を出しやすい価格が魅力の製品です。

CPUクーラー

「Core i5 13600K」であれば空冷で十分冷やせるため、1万円以下でトップクラスの冷却性能を誇る空冷クーラー「AK620」を採用しています。

メモリ

重量級ゲームを遊ぶ人やゲーム配信を行う人であればメモリは32GBあったほうが快適ですが、予算に収まらなかったため16GBの製品を選択しています。

予算に余裕があれば32GBがおすすめです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

GPU

GPUは「RTX4070」を採用しています。

RTX3080並のゲーミング性能があり、電気代の高い今嬉しいワッパ(1Wあたりの性能)の良さを誇ります。

比較的価格も落ち着いてきているため、新品でグラボを買う際におすすめの製品です。

ストレージ

500GBに比べて1TBの方がコスパが高いため1TBを採用しています。

最近のゲームは単体で100GB以上必要なタイトルも多い(例.Starfieldは約140GB)ため、最低でも1TBは用意しておきたいところです。

マザーボード

本当はB660チップセット搭載マザボを採用したかったですが(価格が安いため)、この記事の目的が初心者や普段自作PCをしない人向けにしていることもあり「ASUS PRIME B760-PLUS D4」を採用しています。

B760マザボの中では比較的安く、

  • メモリスロット:4
  • SATAポート:4
  • M.2ソケット:3(1枚のみヒートシンク有)
  • USBポート6(内1つはTypeC)
  • Realtek 2.5G LAN

と拡張性や性能も十分な水準です。

電源ユニット

一般に電源容量は消費電力の2倍がおすすめとされていますが、正直1.5倍もあれば十分です。

今回の場合だと370×1.5で555Wとなっており、650Wの電源であれば十分余裕があります。

予算に余裕があれば750W,850Wの電源がおすすめ(今後も使いまわしやすい)ですが、予算に余裕がなければ650W電源で予算を抑えるのも選択肢としておすすめです。

まとめ

この記事では「20万円で自作PCを組む際のおすすめ構成」を紹介してきました!

20万円で自作PCを組む際のおすすめ構成

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです!

ありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次